Skip to main content

ジュリー・バーン - 正気でない世界で正気を保つこと


26歳のシンガー・ソングライターJulie Byrne(ジュリー・バーン)のセカンド・アルバム『Not Even Happiness』は4年間の旅の集大成です。「Natural Blue」はコロナドの夕陽を描写しているし、「Melting Grid」は太平洋岸の北西部で暮らした日々。

音楽活動にあたって「内なる神を探している」という彼女は「真実の意味で人々とつながりたい」と語ります。


ニューヨークはマンハッタンにあるアメリカ自然史博物館は彼女にとって聖域。Pitchforkのインタビューで彼女は深海に棲むタコがバクテリアと共生するさまをインタビュアーに説明しています。

喧噪の街で彼女の歌はハーブの香り、精神安定剤のようにはたらきます。漂泊の末に彼女は昨年ニューヨークにたどり着き、セントラルパークのレンジャーの職に就きました。アヒルを救い出した話、公園の隅で眠るアライグマの親子、様々な木々が植えられた歩道。彼女が語るそういった自然描写は内なる彼女の神の反映かもしれません。

「ニューヨークは冷たい無関心な人々の街だといわれるけど、そうじゃない。みんな寛大で気配りがある。驚きと活気に満ちている。ダンスや演奏を観たり、思いがけない親切を受けた時は特にそう思います。」



と彼女は言うものの、最初の夏、スランプになって一時バッファローの実家に帰ったそうです。「Follow My Voice」はその時たった3日で書いた。アルバムで最も意義深い曲だそう。このアルバムは、人それぞれ違う、自己を超えた何かについて。圧倒的な自然の美、子どもたちの笑顔といったもの。永遠なるものだと彼女は説明します。


「父が弾くギターを聴いて育ったから私の奏法は彼の影響下にある」。父がウエディング・パーティーで演奏していたギターを17歳の時に受け継いだ。そのギターで本作も録音したそうです。

彼女は偉大な詩人たちにも影響を受けています。Leonard Cohenはもちろん、Frank O’HaraやKenneth Patchen、そしてAdrienne Rich。コンサートで配布する詩集も作りたいとか。


Tugboat Recordsより2017年2月15日に日本盤リリース予定。